-

車を売却する時にはケースによっては委任状を提出しなければならないケースがあります。そこで、委任状というものはどういうものなのか、実際どんな場合に必要なのかを説明します。

委任状というもの委任状とは車の名義変更をする状況で当事者が立ち会えないときにその立ち会いを誰か他の人に同席してもらうということを正式に記録した書面です。要は、他の人に任せてあるということをこの書類で裏付けます。委任状が必要となる場合委任状を必要とするのは、クルマ買い取りの際に買い取られるクルマの名義人である本人が立ち会えない状況の時です。クルマを売るというのは、名義が変更されるということです。この手続きは前オーナー、変更後の持ち主両者が必要なのですがそれができないこともあります。当人がその場所に同席できないにもかかわらず名義の変更をする必要に迫られた場合は必ず委任状が必要です。名義を変える手続きを代わりに依頼することになった時に必要ということです。買い取り専門店やディーラーでは委任状は必須中古車買取業者やディーラー経由での愛車買取というのが通常考えられうるクルマの売却法です。また、これらの売却相手は、多くの場合は名義を変える手続きを代わりにやってくれます。名義を変える手続きを代わりにやってくれるということでうっとうしい労力が避けられるもののその際に必要になる書面が委任状です。買い取り店や中古車ディーラーが持ってきた委任状へ署名捺印する形が基本です。基本的には必要不可欠な書類委任状はどうしても必須ということもないものですが自分が売った車の名義変更に同席することができる人はまずいないではないでしょうか。まだ友人間の売却で手続きに二人とも出向くことが難しくないのであれば問題ありませんが、そうでないケースのほうが圧倒的に多いです。そのため、基本的に委任状の書類は買い取り手続きのさいの欠かせない書類となっています。買い取りとそれにかかわるリサイクル料に関してあまり知られてはいないのですが自動車の所有者には「自動車リサイクル料」というものの支払い義務があります。それでは順番に説明しましょう。

自動車リサイクル料とはリサイクル料は自動車リサイクル法で定められたものです。中古車を環境に悪影響を与えないように処分するためにクルマの所有者が支払う義務のある料金です。自動車リサイクル料の金額車の所有者にかかる自動車リサイクル料は、自動車のクラスやETCが付属されているかなど車ごとに異なっています。普通は7000円〜18000円ほどです。付属品などで額は違ってきますが車検の際にリサイクル料を納付するのであれば、出荷された時の装備に準じます。リサイクル料の支払い自動車リサイクル法という法律は2005年1月から始まりました。なので曽於時点以降に新車を購入された場合はもう購買時に支払済みです。さらに、平成17年1月以前に購入した場合も車検の時に納めることになっています。また、リサイクル料をもう納付済みの自動車を新車でなく中古で購入する場合は購買の際にリサイクル料を支払わなければなりません。要は支払い義務の発生する時点での所有者が自動車リサイクル料を支払うようになるのです。自動車リサイクル料の中古車買い取りの時の対処愛車を手放すときにはリサイクル料は返還されます。それは、自動車リサイクル料という税金が最後の所有者に料金負担責任があるためです。ですから、自動車リサイクル料があらかじめ支払っている車であれば、最終保有者が変更になりますから売った場合払っている金額が還ってきます。しかしながら廃車処理をした場合戻ってこないため気を付けましょう。

Category

リンク