-

外為初めての方が為替の要を見つけるには、まず初めに実戦を積み重ねることが重要です。布団クリーニング比較

特に、事前にピンチを予期するようになるようになるにはミスをすることも体験のひとつです。

とは言うものの、損をするといってもやり直しが効かないほど致命的な損をしてはいけない。

小さい損を何回も実績を積む事が結果として己の経験を増やしてくれる。

そう考えるとまずはわずかな額で取引を行い、それによって数回小さな間違いをすることが必要です。

一例として、100万円だけしか投資する余裕が無い方が、深く考えずに100万円を全額賭けて取引すると、マイナスになった時、永遠に立ち直れなくなってしまう心配があります。

それより、たとえば資金の10分の1ずつ分けて売買してこれによって売ったり買ったりを積み重ねた方が、段々と損を回避する術なども学習していくはずです。

はじめに少ない額で売り買いする事のメリットは、前述したように、己の体験を増やし、失敗を管理する術を学習していく事にありますが、それと合わせて、売買の回数を重ねる事で危険を削減する事ができるという価値もあります。

仮に、1度の売り買いで勝てる確率が5割だとします。

この条件では、同じ確率で損失を生むリスクもあるということになります。

勝率5割ということは。

半分半分の割合で利益が出る事を言い表しています。

だが、全部の投資資金をつぎ込んでエントリーをするということは勝ちか、負けのどちらかになってしまいます。

このままではたんに1度のギャンブルと同じです。

要するに、全財産をつぎ込んで1度だけしか勝負しないとその分だけ負ける比率が大きくなってしまいます。

だからこそ、お金を1度に全部つぎ込むのではなくいくつかに分けてチャンスを多くすることがリスク分散となります。

また少しずつ分けたとしても全てのトレードでプラスにする事は不可欠ではありません。

というか、全部は勝てないのが実際のところです。

売り買いで大切なのは、勝った回数ではなく、どのくらいプラスに出来るかです。

勝率が50%でも仮にそれ以下でも儲ける事は出来ます。

7割負けても損失がわずかであれば、3割の勝ちのプラスだけで十分に儲けられる。

そのために重要な事は、損失を少なく、利益を大きくを心がけることです。

損が出たら直ちにロスカットして、逆に儲けられる場合には大きく利益を上げることがFX取引の経験の浅い方がFXでプラスになるための手段です。

Category

リンク