-

FX(外国為替証拠金取引)で投資する面白みは、単品の金融商品あるのに投資期間を「短期投資」「中期投資」「長期投資」の3種類の中からどの種類を選定するのかで、資本の投下の方策が大きく変わるということにあると言います。フリーエンジニア 求人

外貨に対して投入する「長期」を見てみましょう。

長期投資というのは一年以上の投資が基本とされているものです。

一般的に為替レートで、一年以上も経った後の為替のレートが円高であるか、円安になっているかを予言するなんていうことは普通は無理です。

実際のところ「そんなにも後々の動きは予測できない」というのが普通です。

未知なのになんとか予測しようと思っても無謀なものなのです。

ですから他国の貨幣を買ったと仮定して、買ったタイミングの価格よりも円が高めになっていてもそれは近い将来円安になるだろうというポジティブな意識で挑むことが大切です。

為替の利益を一生懸命に狙うだけでなくその他の儲け、言い換えればスワップポイント(異なる通貨間の金利格差)を稼ぐことを、まず初めの目的にして投資しましょう。

無論、為替の差損に損失が大きくなってしまうことがあります。

そういったことから、大きな損失にも困らないようレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を少なめにやり取りするのは肝心です。

外国為替証拠金取引は、損が決まった金額よりも増えると、追加保証金が出て来たりストップロス(ロスカット)になったりします。

損切りをしたらすぐにやり取りを清算することになり、長期投資がストップしてしまいます。

例のようなリスクを回避するには、レバレッジ2?3倍くらいでやり取りするのが良いと思います。

次は中期の投資を狙った取引です。

中期スタンスのケースは、一番長くて2ヶ月ほど先を想定しての売買を行うのです。

為替売買の場合、1ヶ月ほど後のことであればほとんどの場合推測しやすいかと思います。

G7を始めとした議会の内容や、為替トレードで取引している人たちが何をテーマに注視しているかを聞けば、そこそこ、見当がつくはずです。

この経済の状況をチェックしながらなお、チャートを確認することで為替のレートの変動を理解し、どちらのポジションかを見定める方がいいでしょう。

基本的に、ファンダメンタルズとテクニックのどちらでも良い方向であり、またはどちらも買い傾向が同様の時はほぼ予想通りに変動すると思って良いです。

その場合持ち高を増やしておく事で多額のリターンを獲得できるのはほぼ間違いないでしょう。

最後に短期のスタンスのコツです。

この短期のスタンスが指しているのは、言い換えればデイトレーディングを示しています。

為替相場でデイトレをする際、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)はまるっきり関係ないと断言します。

なぜならあくる日の相場の変化に、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は影響ないからです。

この時最大のカギは大きなイベントがある場合それに影響されて為替レートが変化する一瞬を逃さないよう行動しましょう。

例としてアメリカ合衆国において雇用者の統計が公示される、または金融会議などにより金利が動くような行事。

こういう一瞬の変わり様を見逃してはいけないとの理由から、短期スタンスは多種の情報が必須になる。

Category

リンク