-

現実にノートパソコンのディスプレイの前に座り、リアルタイムで上下している市場を見ていると、どことなく売り買いをしなければいけないという欲求が生まれる場面も少なくないだろう。コーヒー通販

だがしかし、不確かな勘で売り買いをするのだけは絶対にしてはいけません。ハゲをなおしたい

分かっていると思いますが、マーケットは四六時中、常にどこかの為替市場がオープンしているし市場もいつでも、動いています。花蘭咲 評判

しかしながら、頻繁に取引を重ねていると、その回数分だけ損をするリスクが上がります。http://www.tramitesenbolivia.com

言うまでもなく、取引の数を積む事でトータルで勝つ確率か五分五分になるのは事実です。リンクス 大宮

しかしそれは「なんとなく勘で売り買い」してしまうこととは別の問題です。学歴不問中卒 求人

取引回数を増やすという意味は「ここは!」と考え付いた自信を得られた場合の注文回数を増やすという意味である。東横イン

ただ何となく、連続して注文をするのとは大きく違う。シーズラボ ハイフ

相場の戦いに敗北しないためには、白分で意識して緩急をつけることが大事だ。メンズ脱毛サロン

「ここは勝てる」と感じた相場の時には覚悟を決めて保持ポジションを増やして集中して儲けを追求する。ノアンデが強烈ワキガに効かない!?ノアンデ使用後衝撃の結末とは?

「かなり頭をかかえる外国為替市場でどう推移するのか予想できないな」と思い至った時は、執着しないで所有ポジションをひとつ残らず閉じて何もせず静観します。

このくらいの緩急をつけた方が結果的にトレードはうまくいくものだ。

市場の格言には「休むも相場」という言葉があります。

まったく言葉どおりだと思います。

為替取引とはいつもポジションを保有する事が重要ではなくポジションを保持せず静観していることも状況によっては相場です。

それならば、どういう場面で休む必要があるのでしょうか。

ひとつめは、先述の通り、現在の為替相場が曖昧でよく見えない時。

これから円高になるのか、それとも円安になるのかが決める事が出来ない時は、何も考えず行動すると、自分自身の作った台本とは逆方向に外国為替市場が向ってしまい、損失を被ることになる。

そのため、そんな状況ではポジションを整理して、静観を決め込むのが唯一出来る事です。

もうひとつは、自身の体の具合がすぐれない時。

体調と外国為替相場につながりがない思う方もいるだろうが。

実は大きく影響を与えます。

体の調子が変な時は、相場の判断しなければいけない状況で正しい決定が出来ない場合が多くなります。

気分が進まない時はマーケットから距離を置くことも必要な事です。

Category